利尻カラーシャンプー

新聞の折込チラシに入っていた、サスティの白髪染めシャンプー

 

新聞の折込チラシに入っていた、サスティの白髪染めシャンプーを買いたいと思っていた私の母親から電話がありました。
「インターネットで注文してみてくれないかしら。」

 

私は、そういった白髪染めとかに全く興味がなかったので、怪しい物じゃないかといろいろ聞きました。
すると、母は、たしかに言われてみれば、どうやって髪の毛が染まるのか分からない。

 

今まで、美容院に行ったり、父に染めるのを手伝ってもらったりなど、白髪を染めるというのは結構大掛かりなものでした。
簡単には、済まないのが白髪染めというのは通常の人の考えではないでしょうか。

 

それが、あたかも魔法のように染まるなんて、あまり信じられるものではありませんでした。
どうして、買いたいと思ったのかを母に丁寧に尋ねてみると、テレビでもCMをやっていたらしいのです。

 

それを聞いて、私は、そんなに妙なものでもないかな。と少し緊張が和らぎました。
なぜなら、テレビで宣伝するということは、ある程度ちゃんとしていないとダメだと思うからです。

 

チラシだけだと、あまり信じられるものではありませんが、そこまで宣伝をしているということは、売れている、人気があるということを示しているはずです。
※なにせ、莫大な宣伝料がかかるはずですから。利益が出ていないとそんなことが出来ないはずです。

 

 

とまあ、商品自体は信用できるラインまできたかも知れないですが、実際、どれくらいの効果があるのかなどが全く見えない状態でした。
白髪染めは、一度購入するとずっと購入しなければ、なりません。

 

そこで、私は、キレイに染まる美容院と、この白髪染めを使った場合のかかるお金、コストを算出してみることにしました。
そうすることで、購入すればいいのかなど、この先のプランを組めるからなんです。

 

1ヶ月に何本使うのか、考えてみる。

 

1本で、12回使えるとして、
10回で染まると考える。そして、それ以降は2から3日に1回使うとかんがえると、

 

初回3本購入で、2,700円?3本=8,100円。
この3本で、36回使えるとすれば、
10回(10日)→12回(16日)→24回(2本目、48日)→36回(3本目、84日)ということで、

 

約3ヶ月で、3本で済む計算になります。

 

それ以降は、約1ヶ月強で、1本の計算になるので、年間12本も要らないということになりますね。

 

そうすると、定期割などで購入したとして、年間で、4万円かかりません。

 

美容院に行くと1回8,000円くらいはしますので、かなり格安で済んでしまうということがわかります。

 

こうした計算をした上で、母に、この利尻カラーシャンプーを買って上げました。

 

 

1本3,700円の定価は、あくまでも定価なんですよね。

先ほどの計算をしていく上で、もっと安く購入することがわかってきました。
初回は、安く買うことが出来るのですが、2回目以降はそういった特別値引きみたいなものはありません。

 

しかし、定期購入をすることで、10%引きで購入可能です。
さらに、さらにポイントも付いてくるので、後でシュミレーションしている金額よりも安く買えます。
誕生日にポイントが付いたり、初回定期購入したら、ポイントが付きます。

 

あとは、どれくらい髪の毛が染まるのかどうかが不安になりますね。

 

うん、意外と染まり具合がイイですよ。

 

母の髪は、肩までのショートで、全部真っ白というわけではありません。
白髪交じりな髪の毛というのが、一番近い感じになるでしょうか。

 

それを入浴時のシャンプーとして、髪の毛を染めることで、徐々に白髪が目立たなくなってきます。
とは、言っても、最初のシャンプーの時点で、結構染まった感じになります。

 

あとは、細かい部分が髪の中まで染まるような感じになるには、やはり1週間くらいかかります。
たしかに、10回も染めれば、完璧な黒い髪になります。

 

この状態を継続するには、2日か3日1回は、利尻カラーシャンプーを使う必要があります。